効果的な保険だといえるのか


最近、個人年金保険というのが注目されています。実際このタイプの保険を新しく開始している保険会社というのも多くあるため、なかなか良い保険なのだろう、と世間一般に思われているのではないでしょうか?そこでここでは、この個人年金保険が果たして本当に良いものであるのか?ということについて簡単に考えていきたいと思います。

個人年金保険というのは、保険料を保険のためだけに利用するのではなく、積立てることで投資効果を発生させる、いわゆる積立型保険のことをいいます。多くの個人年金保険というのはいわゆる変額年金タイプとなっているため、実際にリスクが存在している金融商品である、ということを理解しておかなければなりません。

契約によっては、元金割れを起こす可能性もあります。積立型保険で元金割れということになると、そもそもの意味が大きく失われてしまうことになることは理解して置かなければなりません。それなら預金しておいた方が良いためです。

結論からいって、個人年金保険を純粋に資金確保の目的で利用するのは、それほど適しているものとはいえません。保険会社によるマージンが発生するため、資産運用としてはコストが高く、貯蓄としてはリスクが高いためです。



海外投資での複利の手堅さ


海外投資の魅力を語るのに、利回りのよさは外せない要因といえるでしょう。日本の金融業者では、入金ではろくなお金を貰えずに、貸付を受けると非常に高額な利息を請求されるという不条理ともいえる落差があります。海外でも貸付側が強いという事には変わりありませんが、それでも口座に預け入れている時の利子についての環境は、日本とは雲泥の差があると言い切れます。

海外投資では、積立型の投資が手堅く儲けられます。先ほども説明したとおり、海外の金融業者は利子の面で優遇してくれます。利回りなのですが、年に10%という条件を出している業者も珍しくありませんので、海外投資は口座に入金して放置しているだけでも相当な稼ぎを期待できます。これをさらに積立で運用するとなりますと、複利の効果によって資産運用の効果はさらに加速します。

複利とは、利子によって増えた資産をさらに次の利子へと還元するという資産運用方法です。複利の効果を出す為には、初年度の入金額を多く入れるという事が日本の投資信託の常識なのですが、海外では元の利子が高いということもありまして、どのタイミングで入金をしても積立なら最終的に莫大な資産となって戻ってくるのです。



海外投資が勧められる理由


元々、家電製品や製薬業界などでも日本の技術は高く評価されてきました。しかし、海外からの評価としては「技術は良いのにマーケティング能力が低い」とされていました。多くの企業が日本国内とアメリカばかりに注目していたので、知らず知らずの内に中国やインドなどの新興国に追いつかれてしまいました。2007年ころからの金融危機で新興国の脅威やアメリカばかり見るマーケティングの弱点に気付きはじめましたが、先行しているアメリカの企業に比べると大きな差をつけられた形となりました。

このような背景から、日本のマーケティング能力が海外からマイナスイメージを持たれてきました。こうした日本企業への国内投資をし続けるよりも、成長著しい国へ投資する海外投資の方が収益効率が良いのは目に見えています。

さらに日本は人口減少によって内需の縮小が懸念されていますので、世界に目を向けない企業の将来は明るくないことは明白です。株式投資の基本は企業の成長に乗ることですので、将来を見越した時に成長が期待できない国へ投資することは非常に危険です。

確実に株式で資産を増やしていきたいのであれば、国内投資から海外投資に目を向けてみるとどうでしょうか。



効率よく財産が作れる海外投資


将来は余裕ある生活としたいと考える人はたくさんいます。しかし、会社を退職した後は、年金で生活することになるという人がほとんどといってよいでしょう。

退職後は、年金支給まで時間がありますので、多くの人は、この期間に退職金を使い果たしてしまうそうです。さらに、公的年金においては、今後、支給金額が減らされ、支給年齢も上昇するようになるとされているので、老後は不安が多くなってしまいます。そこで、年金不安を解消するためにも、いまから資産を蓄えることが必要とされているのです。

資産形成方法には、さまざまなものがありますが、現在では、預金以外に有効な方法はないといってよいかもしれません。しかし、これでは、老後の生活資金を十分に蓄えるといったことができないので、自分で効率よく資金形成を行なう必要があります。

高い利益を作りだす方法として海外外投資がいま注目されています。海外投資は、多くのリスクがありますが、近年は、積立投資でできる方法があるため、この海外積立投資で資産を作ることができるようになるとされています。

海外積立投資は、海外ファンドを活用して行なう方法で、長期的に投資を行なうことによって高い利益が期待できるとされています。そのことから、今後は資産形成に主流となることが考えられています。



オルタナティブ投資の代表格、ヘッジファンド


オルタナティブ投資という言葉があります。オルタナティブというのは日本語で「代替」という意味がありますので、オルタナティブは代替投資という意味になります。

代替というのは元々あった何かに対しての替わりになりますが、オルタナティブ投資にとっての従来の投資は通常の株式投資や債券投資という位置付けです。
こうした従来の株式投資や再検討しのような市場と同じ土俵でありながら、異なる投資方法やそもそも別の市場への投資などをまとめて、オルタナティブ投資と言われています。

株式投資や債券投資を行う場合、本来は買いから入り、購入した投資先の価値が値上がりしてから売るのが基本です。
ところが株式にしろ債券にしろ、市場の値動きは素直なものではありません。上昇することもあれば下落することもありますので、は売りからも入り、相場が上昇しようが下落しようがひたすら収益を狙うヘッジファンドが生まれました。ヘッジファンドはオルタナティブ投資の代表的なものです。

ヘッジファンドはその名の通り、リスクを「ヘッジ」しながら行う投資になりますので、投資元本を守るために空売りをしたりして、リスクを限定させながら利益を出していく投資スタイルです。

独立系の金融機関で働くとは?