銀行の不動産ファイナンス


投資の方法の一つとして、不動産を利用したものがあります。銀行などでも不動産ファイナンスを持っている事が多く、投資に利用されています。それでは、銀行における不動産ファイナンスというのはどのような仕組みとなっていることが多いのでしょうか。

銀行においては、不動産保有者、SPC、金融資本市場という3つの現場に合わせてファイナンスを行っています。この中で特に特殊であるのがSPCです。SPCというのは特別目的会社のことで、不動産の売買や負債の管理、資本の管理などを行うことになります。売却された不動産の買い取りを行い、費用の支払いを行うことや、ローンの支払いを受けたり返済を行うこと、さらには投資家への出資に対応し、配当を支払うこともSPCの仕事となります。

また、銀行によっては不動産投資に対するアドバイスを行ってくれる場合もあります。今後の不動産ニーズがどうなるのかということや、購入予定の物件でどの程度の収益がえられるのか、ということを専門的な見地から一緒に考えてくれます。勿論融資を行ってくれる場合もあるため、不動産投資の際には十分活用するのが良いでしょう。ただし、独立しているアドバイザーではないため注意は必要です。


No Comments, Comment or Ping

Reply to “銀行の不動産ファイナンス”