効果的な保険だといえるのか


最近、個人年金保険というのが注目されています。実際このタイプの保険を新しく開始している保険会社というのも多くあるため、なかなか良い保険なのだろう、と世間一般に思われているのではないでしょうか?そこでここでは、この個人年金保険が果たして本当に良いものであるのか?ということについて簡単に考えていきたいと思います。

個人年金保険というのは、保険料を保険のためだけに利用するのではなく、積立てることで投資効果を発生させる、いわゆる積立型保険のことをいいます。多くの個人年金保険というのはいわゆる変額年金タイプとなっているため、実際にリスクが存在している金融商品である、ということを理解しておかなければなりません。

契約によっては、元金割れを起こす可能性もあります。積立型保険で元金割れということになると、そもそもの意味が大きく失われてしまうことになることは理解して置かなければなりません。それなら預金しておいた方が良いためです。

結論からいって、個人年金保険を純粋に資金確保の目的で利用するのは、それほど適しているものとはいえません。保険会社によるマージンが発生するため、資産運用としてはコストが高く、貯蓄としてはリスクが高いためです。


No Comments, Comment or Ping

Reply to “効果的な保険だといえるのか”