転職を繰り返している人は利用すべき制度


若い頃の転職は繰り返しても構わないものだと、個人的には思います。再就職のできる年齢ですので、色々な職場を渡り歩いて自分の天職を見つけて欲しいと思います。しかし転職を繰り返しますとひとつ明らかなハンデを負ってしまうことになります。それは企業年金です。企業年金は退職と共にリセットが起こります。年金は積み立て期間が長いほど受給額が上がっていくので、この点で将来的な不安要素を抱えてしまう事になります。

それでも自分に合った職場を求めて転職を続けたいと思うのでしたら、確定拠出年金という制度を使ってみましょう。確定拠出年金は、401kというアメリカの年金制度を参考に作られています。アメリカは社会環境上転職に非常に寛容な対応を取っています。401kでは自分の企業年金を自分で管理できるという仕組みを取っています。退職しても年金の支払いを継続していれば、年金契約も続いていくのです。

この制度もありまして、仕事探しは行ないやすくなると思います。確定拠出年金は自己管理型の年金ですので、アルバイト生活や自営業といった職場環境であっても年金を継続することが可能になります。つまり職業選択の幅も広がる年金だということです。


No Comments, Comment or Ping

Reply to “転職を繰り返している人は利用すべき制度”