公的年金の不足を補う個人年金保険


国が運営する公的年金は、その時代に働く現役世代が支払う年金保険料を一定の年齢に達した高齢者世帯へ仕送りするようになっています。つまり世代間扶養という考え方の元、運用されており毎月支払っている年金保険料は自分の年金の積み立てではない、ということになります。
一方、民間の保険会社が販売している個人年金保険は積立方式となっており、自分たちの老後の備えとして積み立て、老後の自分への仕送りと言うことになります。

公的年金は働いて収入が得られなくなる高齢者の生活の保障をする国の制度ですので、老後生活のベースとなります。ただし、公的年金は最低限の生活を保障するものであって、それだけで満足な生活ができるものとは言いきれません。その不足分を個人の責任の元補っていくしかありません。そのための方法のひとつとして個人年金保険があります。

しかし、長らく低金利が続いている以上、個人年金保険は必ずしも貯蓄性に優れた商品とは言いきれません。老後のための資産運用と考えるならば他にも利回りの良い商品はあります。
ただ、なかなか貯蓄ができない、という方にとっては自動的に年金を積み立てることができるので、強制的に貯蓄をする仕組みを取り入れると考えれば一考の余地はありそうです。

注目のブログはこちら。
「個人年金保険の重要性」


No Comments, Comment or Ping

Reply to “公的年金の不足を補う個人年金保険”