オルタナティブ投資の代表格、ヘッジファンド


オルタナティブ投資という言葉があります。オルタナティブというのは日本語で「代替」という意味がありますので、オルタナティブは代替投資という意味になります。

代替というのは元々あった何かに対しての替わりになりますが、オルタナティブ投資にとっての従来の投資は通常の株式投資や債券投資という位置付けです。
こうした従来の株式投資や再検討しのような市場と同じ土俵でありながら、異なる投資方法やそもそも別の市場への投資などをまとめて、オルタナティブ投資と言われています。

株式投資や債券投資を行う場合、本来は買いから入り、購入した投資先の価値が値上がりしてから売るのが基本です。
ところが株式にしろ債券にしろ、市場の値動きは素直なものではありません。上昇することもあれば下落することもありますので、は売りからも入り、相場が上昇しようが下落しようがひたすら収益を狙うヘッジファンドが生まれました。ヘッジファンドはオルタナティブ投資の代表的なものです。

ヘッジファンドはその名の通り、リスクを「ヘッジ」しながら行う投資になりますので、投資元本を守るために空売りをしたりして、リスクを限定させながら利益を出していく投資スタイルです。

独立系の金融機関で働くとは?


No Comments, Comment or Ping

Reply to “オルタナティブ投資の代表格、ヘッジファンド”